×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

福山雅治通り *  - Fukuyama Masaharu Fan Site -



[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

福山 雅治ふくやま まさはる1969年2月6日 - )は長崎県長崎市出身の歌手

シンガーソングライター俳優ラジオパーソナリティーラジオDJ音楽プロデューサー、そして写真家と幅広い活躍をしている。所属事務所はアミューズ

福山雅治作品一覧

目次

1 来歴
2 音楽活動・作品
3 写真家としての福山雅治


来歴

  • 私立宝珠幼稚園、長崎市立稲佐小学校、同淵中学校、長崎県立長崎工業高等学校卒。因みに同高校の卒業アルバム個人写真撮影時、本人は校則違反による謹慎処分中であったため、坊主頭での撮影を余儀なくされた。本人はそのアルバムを後輩等に見られることを嫌がっていたが、たまにラジオでネタにしている。
  • 1990年シングル「追憶の雨の中」でデビュー。1993年NHK「第44回NHK紅白歌合戦」に初出場、ヒット曲「MELODY」を歌う。2000年のシドニー五輪、2004年のアテネ五輪で、テレビ朝日のカメラマンとして活躍。
  • 福山はテレビがあまり好きではなく、CM以外、年に数回だけしかテレビに出演しない。主にラジオパーソナリティとしてメディアに登場している福山も学生時代はラジオを愛聴しており、「プレゼント・アワー」という、長崎のローカルAM放送局NBCラジオが日曜深夜に放送していた中高生の必聴番組があった(現在では放送終了)のだが、福山もそのリスナーの1人であったという。その番組内で「○○高校の△△部の□□君のことを教えてください」「☆☆君の情報ですが、1つ年下の彼女がいます」といった在学校名や実名をあげて個人の情報を依頼・提供し合うという、現代では考えられない、携帯電話はおろかポケットベルすら普及していなかった当時ならではの人気コーナーがあり、当時モテなかった(本人談)福山は自分の名前があがらないかと毎週楽しみに聴いていたが、結局高校を卒業するまで彼の名前が読み上げられることは一度もなかったらしい。
  • 笑福亭鶴光がパーソナリティを務めた「オールナイトニッポン」を学生時代よく聞いており、鶴光の巧みな「艶福ネタ」を好きで、尊敬している。ラジオの彼の話術にも影響を与えている。
  • 身長180cm、甘いマスクとそのルックスに似合わず自身のラジオ番組では女性ファンもドン引きするような強烈な下ネタを連発、その気取らないバランスさ故か男性からも高い人気を維持している。
  • 本人の才能や気さくな性格もさることながら、芸能界において数少ない長崎県出身の有名人の中でも安定した人気を維持している福山は長崎県民の自慢である。又、本人がラジオ等でよく長崎の話題を口にしたり方言を使ったりするところが県民からの人気を助長しており、ファンとまではいかずとも福山に何らかの好意を抱いている長崎県民は少なくない。長崎県民の多く(特に若い世代)は他県民に「長崎出身の有名人って誰がいる?」と聞かれると待ってましたとばかりに「福山雅治!」と誇らしげに答える。
  • ちなみに彼は桑田佳祐の家でパーティーを行ったときにとてつもなく酔ってしまい、飾ってある皿を投げたりなどしたため桑田の家には立ち入り禁止らしい。(泉谷しげる談)
  • 小学生のとき、ソフトボールをやっており、シドニー、アテネ五輪では取材を行った。
  • 上京するとき、靴の中に20万円を入れて上京した。そのため、東京に着いたときには、その20万円はしっとりと濡れていたという。
  • SとMの両方を持っているらしい。
  • 8月20日はパン・ツ・ゼロということでノーパンの日であるという。夏にノーパンだと気持ちいらしい。ライブにもよくノーパンで登場するらしい。
  • 下着メーカー「トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社」が2005年に行った「ホワイトデーに関するアンケート」で「ホワイトデーに下着を贈られたい男性有名人は?」という質問で第1位、また「自分の下着を一緒に買いに行きたい男性有名人は?」という質問で第3位に選ばれた。

音楽活動・作品

1990年21歳の時に「追憶の雨の中」でデビュー。数々のヒット曲を持つが、特に1994年発売の「IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY」と、1995年発売の「HELLO」はミリオンセラーを達成し、更に2000年発売の「桜坂」はダブルミリオンを達成した。1999年には自ら主演を演じたフジテレビテレビドラマ「パーフェクト・ラブ」で、音楽を担当し、(※主題歌は福山ではなく、GLAY。)最近は音楽プロデューサーも務めており、1999年には松本英子2002年には「ひまわり」で前川清にプロデュースをした。
なお「HELLO」はマキシシングルで初めてのミリオン(当時は8cmシングルが主流だった)、「桜坂」はマキシシングルで初めてのダブルミリオン(SMAPの「世界に一つだけの花」が出るまではマキシシングル唯一のダブルミリオンだった)という記録を持っている。 2003年にはオリコン週間売り上げランキングのシングル、アルバム双方の部門でで1位を獲得、これは男性ソロアーティストとしては史上初の快挙であった。2005年には「東京」をリリース。フジテレビ系列ドラマ「スローダンス」で、初めて月9主題歌を手掛けた。 SIONを非常にリスペクトしており「SORRY BABY」「ノスタルジア」をカヴァー、また自身のラジオ番組やテレビ番組等で共演した。

写真家としての福山雅治

フォトグラファーとしても活動している福山は、数多くの写真家との交流によって、形づけられていったといえる。その中でも一番大きいのは、植田正治との交流であろう。活動休止期間に植田と出会い、その出会いでカメラや写真と接するようになり、その後旅先でカメラを構え、数多くの写真を撮り続けた事により、腕を上げて行く事になる。

そうして撮っていった数多くの写真や、植田やハービー山口とのフォトセッションなどでの写真で写真展を数多く開催しており、その評価も着実に上がっている。

また、シドニー五輪やアテネ五輪ではテレビ朝日のカメラマンとして活躍しているほか、『福山エンヂニヤリング』でも撮影の模様が放送されるなどしている。




毎週日曜日のFMラジオのレギュラー番組は、本当に面白い。司会やお笑いでも充分やって行けるセンスを持ってる、福山雅治さんです。しかし、本業は勿論「シンガー・ソング・ライター」、何て言うまでも無い事!「桜坂」、「HELLO」、「虹」など本当に良い曲を作る方なので、逆にラジオの時とのギャップが、面白いと思います。只、そのトークの魅力がライブでは、存分に発揮されています。多分、「自然体」だと思いますが、そこが「凄いナー。」と関心させられます。それらの集大成を、このBOXで堪能してみてください。

ニュース番組の敏腕チーフプロデューサーを演じる松嶋菜々子と、その下で働く報道マンを演じる福山雅治。この共演と脇役どころの手堅い演技がドラマを引き締めている。なかでも福山の好演が光っている。おちゃらけていながら、締めるところは締めるというような陰と陽、軟と硬の行き来が板に付いたように自然に出てくるところが渋い。

「桜坂」はいつ聴いてもいいバラードです。歌詞もいいし、ソウルフルな歌声も心にじーんと染みます。恋に関する歌詞ですが、恋だけでなく目の前にあることに全力で取り組もうという気にさせてくれる歌。

「桜坂」も「Gang★」も聴けるお得な一枚。 歌詞カード(?)が写真集っぽいのも嬉しい。 1990年代に比べ、ぐっと歌がうまくなっています。声のエロさもぐぐっと上がってます。 これを聴くと、彼に『あらぬ悦び』を教えてあげたくなる衝動に駆られますよ。

アルバムも同時発売なのです。そのCMでジャケットをみてびっくり!同時発売のアルバムはデビューアルバムの「伝言」のモノクロバージョン そしてこのマキシは今の福山くん・・・の伝言ジャケットポーズこの3枚のアルバムを飾ってCDを聞くっていいかもしれません。昔の福山くんと今の福山くんの声の聞き比べをするも、 前川清さんへ送った「ひまわり」を聞くのもいいと思います。 音でよし!ジャケットでよし!のマキシです。

もはやこのアルバムはカバーの域を超えていると思う。小学生の頃、ベストテンの常連だった楽曲が満載で、しかもそれが全然古臭くなくかっこよく仕上がっている。「勝手にしやがれ」なんか、往年のジュリーファンには、ぜひ福山の歌ったこのボサノバのアレンジで、もう一度大人のジュリーに歌って欲しいと思わずにはいられないほどの素晴らしい仕上がり。

福山雅治さんのデビュー15周年を記念した写真集、インタビュー集です。 写真は、ライブやコマーシャルロケのものが多いです。 ライブは、熱気が伝わってきます。 個人的に一番感動してしまったのは、表紙を開けた内側の手形。自分の手とあわせてみて、「あ、こんなに大きいんだ」なんて感動してしまいました。 なお、初回限定版には生写真がついています。ほかのはどんな写真だろう…と気になってしまいますが…。 インタビュー集は、彼の2枚目のシングル「アクセス」のジャケット写真を撮影した大村克巳氏がインタビューしたもの。親しい間柄だからこその彼の内面を丁寧に聴き出しているように感じました。

最近の福山の(というより邦楽全般)曲はあまり聴かなくなってしまったが、やはりこの時代の曲は聴き応えのある曲が多い。 若いせいか勢いに任せて歌うロック調の曲が多い、実際荒削りなこの時代より最近の曲の方が支持を受けるケースも多いみたいだが、私はこちらの方が好みの曲が多い。確かに「追憶の」「風を」のように勢いのある曲が散在するが、これはこれでデビュー直後の若若しくスピード感溢れる曲で素晴らしい。

福山雅治のアコースティック・ライブから選りすぐりの14曲をセレクトした作品。力みが感じられないアット・ホームな味わいと,心地良い緊張感とが上手い具合に交差したライブならではの構成。そんなメリハリが付いているからか,スタジオ・アルバムより福山の幅広い歌心が堪能できる。 「Good Job」では,ぶっきら棒な歌い口がロックなフィーリングを醸し出すし,ブルージィなアレンジが施された「Moon」では,あの甘いルックスに似つかわしくない武骨的な声も披露している。お得意のバラードでは福山の等身大の情感がヒシヒシと伝わってくる。中でも伸びやかで深みのある低音の声質を生かした「Dear」,「Squall」は研ぎ澄まされた名唱だろう。まるで時間が止まったような感覚を覚えてしまう。
福山雅治の曲を英国の名門、ロイヤル・フィルがクラシカルに演奏するコラボレーションCD(編曲/服部隆之、指揮/デビッド・アーノルド)。原曲をかなり積極的にクラシックへアレンジしています。CDを聴いていて「えっ、これ何の曲?」と思うこともあるほど。それを気に入るかどうか評価の分かれるところかもしれませんが、僕はかなり楽しめました。クラシック演奏だけで福山自身は歌っていませんが、最後のクリスマスソング「Kissin' in the holy night」は本人が歌っている新録曲です。

福山雅治の甘い囁きが心に沁みるバラードトラックの集大成です。 1990年のデビューから、これまでの13年間に発表された、「It's Only Love」をはじめとする、彼がBMGに残した楽曲の数々をコンパイルしたスペシャルセレクションアルバムです。まさに、福山雅治の真骨頂であるバラードの集大成でもあり、ヒストリーでもあるという、多面的な要素を持ったバラードコレクションアルバムです。 大ヒットシングル「桜坂」でファンになった方も彼の音楽活動を知るのにはもってこいの今作。もちろんずっと福山雅治のファンである方たちにもマストなアイテムです!





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

Copyright(C)テラシーク