×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


目次
[無料占い] [無料ゲーム]

沖縄おきなわ)は、日本地名。日本の南西端に位置する地方で、行政的には沖縄県という。元来は、沖縄島を主島とする沖縄諸島を指す。これは北限を硫黄鳥島とし、南・北大東島は含まないいわゆる「琉球弧」に属する島々である。現在では沖縄県と同一領域を指すことが多く、沖縄諸島の他、宮古島石垣島西表島(いりおもてじま)など多くのを含む。亜熱帯熱帯に属する。県庁所在地、那覇(なは)市。 別名の琉球は中国名、 日本側文献では『唐大和上東征伝』(779年)に「阿児奈波」として見いだされる地名が初見とされる。また仮名で「おきなは」 と確認できるものは『平家物語』長門本が最古のもので、「沖縄」の表記は薩摩藩の文書中に17世紀前半には確認することができる。

15世紀初め統一王朝(琉球王国)が成立。1609年島津氏に攻められ、服属。江戸上り江戸の徳川征夷大将軍に使節、他方清国にも朝貢。1872年明治5年)明治政府は琉球藩を、ついで1879年沖縄県を設置。太平洋戦争で、住民をまきこんだ日本国内最大の「地上戦」が展開されアメリカ海軍に占領、1972年昭和47年)復帰した。
現在は島の1/3に軍事基地が存在し、依存度の高い軍事経済と民主化の地域格差が社会問題になっている。

なお、沖縄の方言(琉球方言)は言語学的に日本語の古語の母音が変化したものと言われているが、現在の標準語と大きく違うため琉球語とも呼ばれる。

中国台湾にも近く、歴史的には、中国の影響も蒙ってきた。文化芸能の面でも、東南アジアの影響が色濃く、本土のそれとは一線を画す。また太平洋戦争では多大の一般人の犠牲者を出し、現在も在日米軍基地の島として特殊な社会的背景とと政治意識を保持している。

各種行政、スポーツ団体などは地域区分の際、沖縄県を九州地方と一括して扱うことが多い。「九州・沖縄地方」と表記する場合もある。






1度沖縄に行ってみてからなかなか熱が冷めないままで、また行こうかと計画を立てているときに見つけました。自分はどちらかというと本島より離島に興味があったので離島がいっぱい見られる本を探していたので写真がたくさんあってとにかく島が載っているこの本はとてもよかったです。

沖縄をテーマにした、リラクゼーションDVD。 本島や離島の風景、果ては空中や水中に至るまで、あらゆるところで撮影された沖縄の風景を、三線のBGMと共にボーッと眺める事が出来る。何と言っても、ディスクをプレイヤーに放り込むだけで、自分の部屋に沖縄を呼び出せるのが嬉しいところ。 これまで多くの映像作品を送り出してきたシンフォレストの作品だけに、安心して購入出来る一本となっている。

まさに沖縄の「和のこころ」が50分の中に凝縮されています。 とかく美しい海やビーチがすぐ思い浮かぶ沖縄ですが、このDVDでは沖縄のさまざまな伝統、文化と人々の生活がナレーションと相まってバランスよく編集されています。 沖縄に行ったことの無い方やこれから初めて沖縄を訪れる方には最適です。

遺跡といえば縄文や弥生時代のイメージがある日本。 少なくとも6千年とか1万年前といった感覚からは程遠い。 太古のオブジェがかもし出す時の止まった静寂感は、 かつてそこにあった文明を無言に物語っており、 それが身近にあるという不思議な感覚は、 おそらく日本人にとって今までには無い感覚ではないだろうか。 舞台が海底という事もあって全編きれいな青が神秘的。 途中、自然造形であるか遺跡であるかの議論が展開するが、 遺跡論の大御所として「神々の指紋」のグラハム・ハンコックが登場する。 この作品のもう一つの目玉と言っていい。

ばななさんの日記は、大好きなので、ちょっと沖縄に行った気分になりました。何といっても、おじい(垂見健吾さん)のお人柄の素晴らしさを再確認した本でした。旅の日記ですが、人としてのこころの在り方や、考えが、同調する箇所が、たくさんあって、読んで良かったと思っています。

1.この著者のホームページには以前からお世話になっていました。いろいろなレストランなどの評価が信用できるから。以前は大阪だけだったが、東京、そして沖縄が加わってきた。 2.私はスキューバダイビングのため、22年間沖縄の座間味島に通って計300泊は超えている。すぐ離島に渡るのであまり那覇で食事はしていない。また公設市場のアバサー汁はそれほど美味しいとは思わなかったし、ブダイなど珊瑚を食べている魚はパサパサして美味しくないと思っていた。 3.しかしこの本を読むと、先入観で「沖縄料理は美味しくない」と思っていたような気にさせられた。次回に行くときには、その辺りを考慮して味わってみたいと思う。

写真の美しさは言わずもがな。。。 被写体もバラエティに富んでおり、キレイな写真の中からその匂い、空気さえも感じてしまうのは作者の被写体への愛情が成せる業だろうか? 30年程前の土地と現代の土地の比較などもされており、沖縄の遍歴を知るのにも一役かっている。 沖縄好き、海好きには必見の写真集でしょう。

自然農法の野菜とハーブを使ったレシピの数々をメインに、著者の有機農業をベースにした沖縄でのライフスタイルと、沖縄に住む魅力的な友人達を紹介した、とても美しい本です。 沖縄好きじゃなくても十分に楽しめる内容で、”スロー”や”ナチュラル”を掲げた流行りの本や雑誌とは一線を画した、読み応えのある本だと思います。

激戦区といわれる沖縄県内のレストランをエリア別、ジャンル別に紹介するグルメガイド。沖縄料理をはじめ、和食や洋風料理、中国料理、カフェ、居酒屋、バー、ホテルのビュッフェ、など、あらゆるシーンで使えるお店183軒を一挙紹介。また「あの人がいるから」行きたいという「達人」と呼ばれる人がいるレストランの料理とシェフの人となりをインタビュー。沖縄民謡が楽しめるエンターテインメントに富んだお店や、県外でも沖縄料理が食べられるお店など、どれも特徴のあるお店ばかり。沖縄を食べつくしてください!
まだ見ぬ「OKINAWA」に限りない夢想を馳せる向きも、既に旅して「OKINAWA」を色鮮やかな思い出として心に深く刻んでいるはずの向きも、ともにこの「うりひゃー!沖縄」をひとたびひもとけば、頭をだしぬけに巨大なゴーヤーで殴られでもしたかのような驚きをきっと感じる。眼でも、耳でも、鼻でも、舌でも、肌でも、それぞれに満喫してこなかった等身大の魅惑に満ち溢れたナマの沖縄がどのページからでもこれ見よがしにあなたの好奇心を生き生きとくすぐってくれるはず。

本当に極楽な沖縄のビーチは?そんな思いつきからスタートした、沖縄ビーチ探訪。ビーチに座り、風景を眺める。砂浜に寝ころび、砂の感触をチェック。ビーチの端から端まで歩き、歩幅で長さを計測。ビーチでくつろいでいる人に声をかけ、情報収集。シュノーケリング。ビーチ周辺の店を散策。「美らビーチ」を探しもとめて、気が付けば琉球諸島を全島制覇!ロケーション、雰囲気、アクセスなどにこだわった、厳選沖縄100 ビーチ。

定番のゴーヤーチャンプルーや沖縄そばからちょっと変わった豆腐ようのディップソースまで載っている上、ほとんどが手に入りやすい材料で、面倒な手間もかからず何よりおいしい!という三拍子そろった本です。また沖縄料理店の情報も参考にできて、満足できる一冊です。ちなみにうちで作ったチャンポンや煮付けは沖縄フード初挑戦の家族にも大好評でした。

こういう、ビーチだけのガイドブックを待ってました。 沖縄のガイドブックは、それこそたっくさんあるけど、ガイドなのかショップやレストランの広告なのか判別しがたい情報を載せている本も多い。ビーチと言ってもホテルのプライベートビーチだらけだったり。 この本は、そういう意味で信用できます。

沖縄で生まれ育ちましたが、沖縄の庭・ガーデニングを意識して考えることはこれまではあまりありませんでした。書店で帯をみて何気なくめくってみると、沖縄の緑について私の捉え方とはまったく違う方向から解説してあり、おじさんくさい庭造りではなく、自分や自分の家にあったオリジナルなガーデンができそうな気がします。これまで庭やグリーンに興味はありませんでしたが、自分の作ったグリーンの中で深呼吸してみるのが楽しみです。

著者自身が沖縄大好き。実際のスケジュール&お金を実例を挙げてくれていて頼れるし、どの季節に行くかで服装を教えてくれています。現地の料理紹介にしても「〜はコラーゲンが豊富でお肌に嬉しい」などわざわざ女性のための一言が加えられています。日焼けについて、虫対策、重い荷物を送る方法など、女性ならではの役立つ情報がたくさん。なかには「沖縄男性の魅力」なんてページも。

沖縄の有人島全てのアクセスや、島の概要も書いてあるし 何より、沖縄の離島に思い入れがあって尚かつ、通い慣れた人の 目を通して書かれているので、楽しく各島の雰囲気がつかめます。 文章もユーモアーがあふれているし 写真も綺麗なものが多いので、疲れたときパラパラと 見るだけでも、楽しいかも。

沖縄のタウン誌『カラカラ』のプレゼント企画アルバム。森山良子や加藤登紀子をはじめとした歌手による有名沖縄ソングを中心に、沖縄で注目のアーティスト楽曲なども収録。名曲ばかりが1枚で聴けるお得なコンピ盤だ。

沖縄音楽を人気アーティストの楽曲で楽しめるシリーズ・コンピ。今回は夏川りみ、BEGIN、Kiroroなど豪華なメンバーが集結。沖縄伝統の楽曲から、そのエッセンスを生かしたポップスまで、充実の内容。

沖縄の唄を感じたいなら、まずはこのCDがあれば十分です。 メジャーどころは全て入っています。でも実はそれ以外もいい曲があり、 私のように、初めて聴く曲が最もお気に入りになる可能性もありますよ。 万人に普通におすすめ出来る一枚です。

沖縄へ向かう飛行機の中で、機内の音楽CHで流れていて好きになりました。この歌聴きながら青緑の海が見えたときの感動が今でも忘れられません。沖縄へ向かうときに聞けば一層楽しくなるそんな歌です。

安直な観光を越えた、沖縄の歴史、文化、空気感まで伝わってくるようなアルバム。どれもこれもすばらしいアーティストたちによる渾身の演奏で、充実感がある。豊かな声から産み出された新しく美しい「十九の春」をはじめとして、驚くほどのすばらしい演奏が聴ける。なおライナーノーツの表紙の版画も素敵。写真はCHORO CLUBの沢田氏が手がける。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

Copyright (C) テラシーク. All Rights Reserved.