×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次
[1]
[2]
[3]
[4]
[無料占い] [無料ゲーム]

パリ巴里Paris)はフランス首都である。フランス北部のイル・ド・フランス地方の中心に(北緯48度52分00秒、東経2度19分59秒)位置する。市内をセーヌ川が貫流する。中心部から順に20区に分かれる。

フランスの政治・経済・文化の中心であり、また歴史的な建造物や美術館を数多く抱えるために「芸術の都」、「花の都」などとも呼ばれる、世界的な観光地でもある。

 また、ダリシストとよばれる風水のような魔よけの都市構造と似ている。

パリの郊外にはヴェルサイユなど有名な観光地がいくつかあり、そのほとんどはパリから日帰りで往復できる。

16-17区に繋がるセーヌ川下流の西部方面には閑静な高級住宅地が広がっている。逆に18-20区から繋がる北東方面は低所得層の集まる地価の安い郊外となっており、近年は犯罪増加などの問題を抱えている。フランスで単に「郊外(バンリュー)」という場合、こうした地域を婉曲的に指すことが多い。その他の方面の郊外は一般的なベッドタウンとなっている。

またパリより電車で各30分ほど離れた郊外にはいくつかの衛星都市があり、近代建築によって町の機能が整えられている。中でもラ・デファンスには「新凱旋門 グランダルシュ」 (la Grande Arche、またはl'Arche de la De'fense。正式名称:La Grande Arche de la Fraternite' →直訳:博愛の大アーチ) をはじめ高層ビル群が集中しており、多数の企業オフィスを抱える新都心となっている。


パリの名所
凱旋門 エッフェル塔 エリゼ宮 オペラ座
廃兵院 ノートルダム大聖堂 オペラ・バスティーユ ルーヴル美術館
オルセー美術館 ポンピドゥー・センター サクレ・クール寺院 マドレーヌ寺院
パンテオン シャイヨー宮 ムーラン・ルージュ プランタン




パリwikipedia

私も娘がいるので、近い将来、伊藤まさこさんとこはるちゃんのように、お洒落に、のんびりとパリを訪れたいなぁと、自分に照らし合わせたりして?あこがれてしまいました! 子連れ旅行でなくても、パリに旅行する人のためのガイド本として、大活躍しそうな本です。洋服・雑貨のお店だけなく、レストランやマルシェ・美術館等の情報も満載で永久保存版になりそうです!

こんな旅の本を待っていたという感じです。というのは、ガイドとして情報量が満載なのにくわえて、パリの子ども事情が伝わってくるから。さすがパリと思うのは、公園に移動遊園地がやってきたり、ギニョールという人形劇をやっていたり、運河に浮かぶ船が子ども専用の劇場だったりするらしいんですよ! 子ども専用のカフェがあるというのもびっくり。すてきな子ども服をデザインしているママンデザイナーの記事なども読みごたえありました。

小さな子供を抱え、パリどころか温泉旅行もまだ無理、おまけに梅雨時でお散歩すらままならない日々のなかで、ふと目にした本書。大好きなパリにいつまた行けるのかわからないけれど、まちの様子や老舗のショップ、名所がすてきな写真やちょっとした歴史・裏話とともに紹介されており、本書を読むだけで、自分もパリのまちをお散歩した気分。「おしゃべり散歩」というとおり、まちを散策しながら、3人の女性が交わす会話から彼女らのライフスタイル、考え方も楽しめる。

ノーマン・ロックウェルは、アメリカ人がもっとも愛するイラストレータ。その理由は、アメリカ人がもっともアメリカらしいと思う古き良きアメリカの姿を描いているからといいます。この写真集は、それのパリ版だな、と思いました。私がフランス人だったら、きっとこの写真たちに「ありがとう!」というだろうな、と思うほど素敵な写真でいっぱいです。私のイメージするパリのもっともパリらしい姿がここにあります。

パリに行ったら絶対寄りたい、江里子さんの好きなブティックとレストランが、写真つきで紹介されていて、お得な感じ。本の最初のカラーページには江里子さんの愛用品の写真が並んで、アイテムのブランドも書いてある。ご主人が誕生日にプレゼントされた革&籐のバッグは、たぶんフェラガモ。エッセイでは意外な素顔がわかった。派手な女子アナ出身セレブって印象でしたけれど、一枚の服を大切に着て、壊れたものも修理して使い続ける、合理的で真面目な生活者なんですね。自分らしいスタイルを表現できる人って、いいな。

パリに何度もいったことがありますが、こんなに楽しく読めた本は久々です。やっぱりパリはいいなあと。普段着のパリというのは正解で、日本人の女の子なら絶対興味があるかわいらしいお店がたくさん紹介されていますし、最近日本でも青山や六本木ヒルズの中に入ってきたお店のパリのお店も紹介されていますので、すごく親近感がもてました。 パリに行くなら絶対お勧め。チェックしたらいい本です。

ヘミングウェイが1920年代に新聞社特派員として過ごし,作家の道を決めた街パリを,彼が住んだ場所や通ったカフェ,レストラン,本屋などと共に紹介.パリを舞台にした小説「日はまた昇る」に登場する場所を辿って作品を追体験します.ヘミングウェイにとってこの街がいかに特別だったかがよく分かります(パリ解放の際彼は私兵を率いてホテルリッツへ駆けつけたそうな).写真が豊富で解説も充実しているので,眺めるにしても読むにしても楽しい本です.この本を読んで「日はまた昇る」と「移動祝祭日」を再読したくなりました.

ほんもののパリよりもイケてる絵柄、それがこの、『This is Paris』だ! と、読んだ人ならいちいちうなずくことでしょう。うんうん、そうだ! NY、San Francisco、London、そして遂にサセク氏の筆はパリをなぞりにやって来た! もうこれは、一億年も残る絵本(芸術)です。さっさと御覧あれ。

内容はパリに関することで、ガイド的なことも記載されていますが、 パリでの散歩を通して筆者が気づいたことをいろいろを書いているという感じで、 何気にページを開いて文章を読むといろいろなことに気づかされます。 著者はアジェを敬愛しているそうですが、 アジェの写真と同じような目線でパリを見ているように思います。 奇をてらったり芸術家ぶることもなく、 パリという街に愛情をこめて、ごく自然にカメラを向けているような姿勢に好感が持てます。
この本には、パリの美しさを思う存分あらわした写真がたっぷりと載っていて、それをベッドの中で眺めているだけでも十分満足できるはず! 著者の歩いたパリと、旅行で訪れただけのパリではこんなに違いがあるのか〜・・・と思うと同時に、私もそこを歩いたことある!と、嬉しくなったり。 通りの名前やお店の様子などが、とても詳しく書かれているため、十分旅のガイドブックとして活用できると思います。 普通では味わえないような、パリの深い部分も知ることができる、読み飽きない1冊です。

200部の自費出版がイギリスNO.1ベストセラーに!! これでもあなたは、パリが好きですか? 世界でいちばん美しい、花の都パリ。当然そこに住むわたしたちも世界でいちばん! と、信じて疑わないフランス人たち。彼らのなかに飛び込んだ、イギリス人男性のちょっぴり気の毒で、大いに笑える物語。

パリで惣菜やパンやチョコなんか専門店で買うのは正直固まる。ドアを開けて一歩中に入れば、店員さんとの一騎撃ちだからだ。あの逸らさない視線を受けとめ、店内に戸惑うことなく注文して、と課題が山積みに感じるほどプレッシャーに思った人には救世主の本です。店内の上から見た構図に会話の仕方、更に商品の写真入り解説パリの専門店にはまず慣れることが必要だし、そのためにもスムーズな買物をしたいその不安解消の1冊。

パリが持つ魅力の1つは「美しさ」があると思いますがこの本はそのパリの魅力が詰まった1冊。町並みはもちろん、パリに住む人、雑貨に子供の着こなしまで・・・パリの旅行に携帯しても、実際にその場所で写真と照らし合わせても愉しい筈何故なら、その町並み、店舗が見事に撮影し再現されてるから。色使いに、レイアウト、パリのショッピングの醍醐味を思い出してしまう1冊パリって散歩しても時間を忘れるのは、この美しさに他なりません!!

ヴェルサイユ宮殿と庭園は、全体の詳細な映像、空撮や宮殿内部、歴史の解説など、充実した内容です。ロワール渓谷については、シャンボール城・シノン城は、フランス編1でも登場しておりますので、モン・サン・ミシェルに興味のない方は、この2だけ買っても良いと思います。

ヴェルサイユを訪れる機会のある人は、必見でしょう。鏡の間や、王の寝所などの豪華絢爛な公的な部屋もよいのですが、プライベートな空間も多く紹介しているのも、このDVDの特徴かと思います。作り物の本が並んだ王妃の図書室と、付属する秘密の午睡の部屋は、本嫌いで堅苦しい宮廷を嫌ったマリー・アントワネットの性格が表れているようで興味深いものがありました。

フランス旅行の前に購入しましたが、芸術にあまり詳しくない私が「芸術の都だから、一応行っとくか」くらいの気持ちで美術館に行く前に、とても役立ちました。あんまり詳しすぎない美術館の知識を、きれいな映像とともにレクチャーしてくれる上、パリ市内や周辺の紹介も入っているので、初めてパリに行くなら、ちょっとした予習もできて楽しいですよ。日本に帰ってきてから見たら、また楽しめました。

『美しき諍い女』に代表されるバルザック、『獲物の分け前』などの時代を問わない感動作で知られるゾラ、「失われた時を求めて」のプルーストの3人にスポットを当て、彼らが生きた3つのパリを細かく紹介していくドキュメンタリー作。

モン・サン・ミシェルとシャンボールの城が収められています。モン・サン・ミシェルは、番組を見た直後から是非もう一度見たかったもので、海に浮かぶ岩山修道院の姿は、誰もが神秘的な感動を覚えると思うし、世界遺産の中では、最もお勧めしたいものの一つです。シャンボール城は、その城などにまつわる史実などが紹介され、城と自然の映像とともに知的好奇心が十分満足される作品です。また、ナレーションの緒形直人の声質と話し振りが96年と98年で随分変わっているところも一興ですよ。

アメリは劇場でもみたし、レンタルなどで何度もみたんですけど、 何度もみたくなる作品なのでDVD購入しました。 ストーリーはもちろん幸せになれると話題になっただけあって とてもいいし、音楽もいいなと思うんですけど、 特にアメリの服や部屋にいつも注目してます。 部屋に置かれているミヒャエル・ゾーヴァさんの絵や電気スタンド、 この映画のために描いたものらしいのです。

待ってました・・・涙が出そうです!帝王イノーからアメリカ人・レモンへの世代交代、レモン被弾とロッシュとデルガドの死闘(フランスの悲運の新生ジャン・フランソワ・ベルナールも印象的!)、デルガドのドーピング疑惑、(今ではあたりまえの)ハイテク装備レモンの奇跡的復活とフィニョンとの激闘、そして宇宙人インデュライン出現と、ツールドフランス100年の歴史の中で最も面白かった時期の一つではないでしょうか。

大学生の頃、本3部作をオシャレ恋愛ものか、けっ!と切り捨てた僕は、それから数年後ポーランドという国に興味を持ち始め、この作品が同国出身の天才監督のによるものだと知った。ここで描かれているのは決してオシャレなファッション感覚の愛ではない。

稚拙なカメラワーク、度素人の編集、これと言った山場もない、学生が作ったような映画です。 じゃ何故幾人の人たちを引きつけるのでしょうか?オシャレだから? 違うでしょ、会話が哲学的で普遍性があるからでしょ。 「あなたの最大の野心は?」「不老不死になって死ぬこと」このセンス の良さがアメリカ映画に無くフランス映画にあったものでしょう。

以前いくら探しても手に入らなかったタチ作品が、いっぺんに手元に届きタチファンには夢のような一品ですが、観たことがない方にもタチの初期から晩年まで、幅広く作品がそろっていますのでオススメです。どの作品も何気ない日常生活の中の風景ですが、人間のそれぞれの感情や滑稽さ、人に対する愛情などが良く表現されていて安心して鑑賞でき、そして、すべての登場人物が大変個性的で何度観ても、毎回新しい発見のある作品です。

今では廃盤になった無印良品CDBGM2の再編集といった感じですが、 臨場感もありアコースティックライブって感じで、とても素敵な1枚です。 パリの地下鉄(メトロ)の構内で演奏して歌っている人々の風景や雰囲気が とてもよく出ていていますので、パリ好きの方にはお勧めです。 (という私はとてもフランス好きですが。。。)

何かの映画/ドラマ/CMで使われたフランス語っぽい発音の曲が気になる、それも1曲だけじゃない…そんな人が何を聴いたら良いのか? このオムニバスCDは、見事に、その問いかけに答えてくれています。7曲目に収録されたエルザの「哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)」は、エドウィンのジーンズのCMに起用されて有名になったのにも関わらず、版権の問題でレギュラーアルバムに収録されず、 1997年のベスト盤でようやく収録されたものの、既に入手困難。その点でもこのオムニバスは有難い構成になっています。

センスの良い選曲と、空港から始まる効果音。そして何と言っても味のある「城達也のナレーション」!!!1度パリに足を運ばれた方は、聴きながら擬似旅行。そうでない方も、パリの雰囲気がとてもよく伝わるCDです。勿論、普通のBGMとしても最高だと思います!






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

Copyright (C) テラシーク. All Rights Reserved.