×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[目次]
[無料占い] [無料ゲーム]

今や、日本の国民食・日本料理ともよべる位置づけを得た、日本独自の発展を遂げた麺類である。が、原型とも呼べるものがある。

日本で最初にラーメンを食べたのは徳川光圀水戸黄門)だという説がある。から亡命してきた儒学者の朱舜水水戸藩に招かれた際に中国の汁麺を献上したとの記録があり、これがラーメンだという説がある。

日本への伝搬の起源として明治時代神戸横浜などの中華街で提供されたことに始まるとする説と大正時代北海道から始まった塩ラーメンとする説がある。

日本でのラーメンの普及には大きく二つの流れが存在する。

第一に、中国からの移住者の営む中華料理屋や戦後の大陸からの引揚者を中心に営まれた日本風の中華料理屋におけるメニューとしてである。ここではもやしそばやタンメンワンタンメン、広東メンなどラーメンに対する調理法を主眼としてメニューが区別されている。味噌や塩ラーメンもメニューにある店舗も多い。この他、チャーハン野菜炒め麻婆豆腐餃子などラーメン類以外のメニューも供されており、一般的に中華料理店のほうがラーメンのバリエーションが豊富である。

第二に、夜間に屋台で販売したものの流れを継ぐことが多いラーメン専門店における販売である。 近年は減少しつつあるが、深夜時間帯を中心に流しといわれる屋台で販売される。屋台は、古くは江戸時代の夜鳴きそばの風習にのっとり、リヤカーの後ろに調理器具を積み、市中を回りつつ売ったものであった。チャルメラと呼ばれる一種の笛を鳴らして歩いたことから、屋台の俗称をチャルメラという。近年は軽自動車に調理器具を積み、椅子を並べて、主に繁華街などで固定販売することが行われている。

屋台で評判を得た店は固定店舗を開設していった例が多い。専門店の店舗形態としてはカウンターのみ、あるいはテーブルとカウンターからなるものが多い。 専門店では味噌や醤油、とんこつなどスープの味によって、メニューが区別されていることが多い。特定のスープの味に特化した専門店も多い。

特にこれらラーメン専門店のラーメンはスープの採り方に各店独自の工夫を凝らすことで様々な個性が生じ独自の進化発達を遂げた。多くの場合スープのレシピは門外不出とされ、暖簾わけなどをすることで広まっていった。 1980年代後半から各地に独特のラーメンの文化が形成されていることに注目が集まり、町おこしの手段として注目され、各地で名物ラーメンのPRが行われるようになった。これには、比較的前から有名であった札幌ラーメンなどが観光に大きく寄与していたことも与っており、喜多方ラーメンなどがその端緒となった。これらは「ご当地ラーメン」などと称され、観光資源として雑誌媒体、テレビマスコミでのPRなどに使用されることもある。その後、これらのラーメンの個性を楽しむ人たちが増え、一大ラーメンブームといった様相を呈している。ただし、いわゆる「ご当地ラーメン」には、単にラーメン店の数が人口に対して多いだけで、実際には味や接客サービスという意味での質が伴っていない場所も存在し、また「ご当地ラーメン」の全国的な乱立による、観光資源としてのインパクトの低下が近年否定できない状況もある。

海外の多くの国ではラーメン=インスタントラーメンという認識が広がっており、本来のラーメンが存在する国は少ない。韓国のような距離的・歴史的に近い国においても、飲食店で出されるラーメンはほとんどがインスタントである。

現在は、中国香港の繁華街に、日本のラーメン(日式拉麺)を提供するラーメン街が誕生し、多くの中国人客が訪れて日本食としてのラーメン・ブームが広がっている。 ニューヨーク等でも、寿司と並ぶ日本食として記事になることが少なくない。 スーパーマーケットなどで売られているラーメンはインスタント食品と見られる事が多いようだが、日本ラーメン専門店のラーメンは全く別物と区別され、日本食として評価される事が多い。

中国のラーメン(拉麺)は、南飯北麺と呼ばれるように、米の生産ができない華北地方で多く食べられており、今日の日本のラーメンとスープの味と麺の作り方に大きな違いが見られる。中国では塩味が大半。具はミンチ肉であったり、香菜(シャンツァイ)と呼ばれる香草だけの場合もある。中国で『ラーメン(拉麺)』と指すのは、本来生地をそのまま伸ばして(これを拉と呼ぶ)細長い麺にしたものを指す、他に中国の麺類は、生地を切った『切麺(チーメン)』(日本のラーメンやうどんがこれに近い)、小麦粉の塊を刀で削る『刀削麺(ダオシャンミャン)』がある。


だいたいのラーメン本は制覇しているつもりだけど この本の写真はすごくいいし内容も直球勝負。 ただ食べて、なんとも偉そうに評価を下す本が多い中、 「作り手側の、まっとうで頑固な職人」である佐野さんの その立場からの発言を軸に、この本を出したことに とっても意味があるように思えます。 一味も二味も違ったラーメンの本。 こいつは家宝だな!

この38巻は、一冊まるごと「ラーメン戦争」の連作です。 目標にした個人店の側に屋台で店を出して客を奪い、さらにはその店を傘下に収めて乗っ取りを図る新進ラーメンチェーン店との戦争に、山岡たちが巻き込まれます。 山岡はもちろん、個人店側につきます。 そのラーメン戦争の過程で、ラーメンチェーン店のオーナーも真摯な職人であることがわかったり、海原雄山に渇を入れられたりします。

ラーメン好きはもちろん、そうじゃない人にも面白いと思いますよ。 ついでに「ガチンコ」ファンには絶対お勧めですね。 なんでこんなにテレビでも雑誌でもラーメン、ラーメンと騒ぐのか納得です。 食材選びから製法あるいは心構えに至まで、とにかく思考錯誤の繰り返しで、ラーメンのプロってこんなに突き詰めているのかって本当に感心しました。 当然この本を読んだ後はうまいラーメンを食いたくなります。

この種のガイド本は買ったことが無いのだが、紹介されている店に、自分のall time bestの店が数点入っていたことと、新規店舗紹介の何店かがアタリだったので購入した。つまり、俺個人の嗜好性と良くあったガイドブックであったということで、信頼度が高かったということである。

私が一風堂さんを知ったのは、一風堂さんが、恵比寿に店を作った時。おっ、新しいラーメン店ができたな、と思い早速店に入る。「いっらっしゃいませ!」すごい元気の良い声。ハキハキとした従業員。すぐファンになりました。その後の勢いは、みなさんご存知の通り。 河原さんのことは、以前何かのインタビュー記事を見て知っていたのですが、この本を読んで改めて河原さんのファンになりました。

お店の代表的なラーメン1種類をピックアップして、 材料の種類と数量・工程を約2ページを使って紹介している。 各工程が写真付きでとても分かりやすい。 ただ本の9割がこの各店のラーメン製作の紹介。 それを良いと思えるのは中級者以上。 「○○L寸胴に豚骨○○Kg・・・」 なんて内容が9割だと初心者にはきつい。

うどん、そば、ラーメン屋のプロモーションを担当している関係で、業界について勉強しようと思い、購入しました。 経営・マーケティング・プロモーション・商品企画などの内容が、広く浅く抑えられており、基本的な業界知識を押さえておくのに役立ちました。難しい経営の話なども、初心者を対象として書かれているため、読みやすかった。

数年前から、毎年発行されていますが、内容的にはそれほど変更が加えられている訳ではありません。載っている店も変わっていなければ、批評の文面もそれほど変わっていない。従って、昨年度ヴァージョンを持っていれば今年度は要らないかな等と思ったりもするのですが、ついつい毎年買ってしまう魅力があったりします。  それは載るお店の多くが魅力あるレヴェルの高いお店であることと無関係でないように思えます。

 写真が非常に綺麗だ。文章もグルメを気取ったものではなく、ラーメンが旨くて仕方がないといった感じである。この本に限らず、グルメ関係の紹介はやはり東京中心だから、東京に住んでいるかもしくは勤めている人以外にはガイドブックとしては厳しい。関東地区の自分でも、この中の15軒しか行ってないが、渾身の文章に魅かれて行った「蒙古タンメン・中本」は旨かった。
おいしいラーメンやさんを紹介する本は山ほどあれど、ラーメンにまつわる「へぇ」知識をこれだけ集めた本はあんまりなかったかも。 トリビアなネタの楽しさはもちろんのこと、私が夢中になっちゃったのは、解答のひとつひとつについているかわいいイラスト。一問一答形式のトリビアネタについて、テキストだけ読むと、「ふむふむ、へぇ〜」となって終りなのですが、その下のイラストが「へぇ」ネタを絶妙におちょくって(!?)いて、スンゴイおもしろいんです!!ちゃんと読むよりも先に、イラストだけばーっと最後まで楽しんでしまいました〜。
別に腹がよじれるほど面白いわけじゃない。ていうか結構寒い。 笑いのツボは人それぞれだろうが、この漫画の笑わせようとする部分は別に可笑しくもない。断言できる。 しかし、この漫画の店長は最初下らんと思ったのに、ページを進めるごとに可愛く思えてしまった。 結局最後まで読んだ。 笑いを求めるなら、他の漫画を買えばよいが、この店長の可愛さを出せる漫画は数少ないはずだ。
最近、『自分でラーメンが作りたい!』そんな衝動にかられ、最初に買ったのがこの本。 『塩、味噌、醤油、豚骨』と広く紹介されているのがいい。 レシピの紹介はあまり詳しくはない。詳しくたって素人がそのまま真似できる訳でもないのでこれぐらいの情報量で十分でした。 それより、所々にあるラメーン作りのヒントが結構ためになりそうな感じ。初心者には丁度いい内容じゃないでしょうか。
この『グルメ篇』は『地獄篇』、『ギャンブル篇』に比べると比較的新しい作品が収められています。「うなぎの日」、「イカすバカうま天国」、「雪と女とラーメンと」、「秋とクリ」など無意味な佳作が収録されていますが、私は初期の蛭子作品のファンなので、他の二冊と比較して星を一つ減らさせて頂きました。もっとも、初期の作品はかなりえぐいので、免疫のない方の蛭子漫画入門としてはこの一冊の方が良いかもしれません。
いくつか、実際に作ってみましたがどれもおいしかったです。 お友達を呼んだときのお昼ご飯なんかにだせば、お友達もびっくりしてくれます。 なかなか手に入らない食材を使っているレシピもありますが、そこは本格的な味を出すため。おもいきって使ってみるとお料理の幅も広がります。 また、お料理自体の見た目がとっても素敵なので、眺めるだけでも楽しいです。
風水とラーメンのコラボ!!色んなラーメン屋ショップの情報も載っているので、普通にレストランガイドとしても使えます。風水ラーメン占いはすごく面白くて、男の子ウケも良さそう!話のネタにももってこいかもっ!ラーメン好きにも占い好きにもお得な本だと思います!!
コンパクトでお店の数が結構のっているので、いつも持ち歩いています。著者とラーメンの好みが同じなので(あっさり醤油)、非常に重宝してます。本に書かれている「ラーメン屋で飲む」の実践は、なかなか難しいですが(特に行列店)。前半部分の蘊蓄も楽しい。写真があるともっとよかったかな。
普段何気なく食べているインスタントラーメンの開発秘話。 この作者の凄いところは理科系の技術者でもないのに その後一大市場を形成するような食品加工技術を 自宅の掘っ立て小屋で、執念で考え出したことである。 新聞連載していたものなので、一章ごとにコンパクトにまとまっており、通勤電車の中でも読みやすい。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク