×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[無料占い] [無料ゲーム]

ウルフルズ(ulfuls)は、トータス松本(ボーカル)、ウルフルケイスケ(ギター) 、ジョン・B・チョッパー(ベース)、サンコンJr.(ドラム)の4名からなる 大阪府出身のロックバンド

ウルフルズ作品一覧

目次

1 概要
2 メンバー

概要

1988年インド喫茶のバイト仲間で結成。その後ドラム担当が抜けたため、客としてライブに来ていたサンコンJrを誘い込み現在の体制に。(その時のバイト仲間にはダウンタウンの番組でお馴染みの構成作家・高須光聖もおり、後記の「ガッツだぜ!!」発売時にHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPの「誰やねん!?」コーナーに出演するきっかけとなる。)
1992年5月13日東芝EMIからシングル「やぶれかぶれ」でデビュー。6月17日ファーストアルバム「爆発オンパレード」をリリース。
なかなかヒット作に恵まれなかったが、1996年に6枚目のシングル「ガッツだぜ!!」、7枚目のシングル「バンザイ〜好きでよかった〜」、サード・アルバム「バンザイ」が大ヒット、一躍脚光を浴びる。その年NHK紅白歌合戦に初出場(ただ、この時「『ガッツだぜ!!』の歌詞の一部が卑猥だ」として歌詞を変えるか問題となったが、結局そのままとなった)。ちなみに「ガッツだぜ!!」の大ヒットで所属レコード会社から金一封が支払われ、そのお金で所属事務所の社長らも入れて、みんなと飲み明かした。
1999年ジョン・B・チョッパーが脱退、3人体制となる。
一時期低迷したが、2001年に「明日があるさジョージアで行きましょう編」が大ヒット、人気が復活する。同年、吉本興業オールスターズとも言えるRe:Japanとのコラボレーションで再び紅白歌合戦への出演を果たした。
2002年「ウルフルズ10周年5時間ライブ!!〜50曲ぐらい歌います〜」にジョン・B・チョッパーが出演。
2003年6月1日日比谷野外音楽堂にて行われたフリーライブにて正式に復帰。再び4人体制に。ちなみに3人体制時、ライブやレコーディングを支えていたベーシストは延べ3人。順にチロリン(Chirolyn)、上野イチロー、高橋"Jr."知治の3人である。2000年以降現在まで、ライブはキーボードの伊東ミキオを加え、5人で行っている。

なお「ウルフルズ」のバンド名は、「ウルフ(狼)」と勘違いされやすいが、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことが由来である。

このバンドの雰囲気、ノリはジョン・B・チョッパーの脱退時のコメントが全てを表している。
「音楽をやりたいわけでも、ベースをやりたいわけでもなかった。ただ僕は松本君たちと一緒にいるのが楽しかった。一緒にいれれば何でも良かった。でもそれでいいのかなと・・・」
そんな彼の脱退後、新ベーシストのオーディションも行ってはいたが、結局は不採用で3人体制でいたことがジョン・B・チョッパー復活という奇跡を生んだとも言える。
シングル「ええねん」は正にジョン・B・チョッパーの復帰を祝う曲そのものである。

メンバー



あらためてロックのよさを感じることができました。 ウルフルズのデビュー当時のやぶれかぶれから目にしていたアーティストだったんですが、予想どおり、国民的アーティスト。 このアルバムの曲は、ガッツだぜ!・バンザイ〜好きでよかった〜・明日があるさ他。皆さんが知っている曲ばかりです。かって損はないと思います。

ANAの機内サービスで数曲聞きました。いやぁ驚きましたね、聞いた曲すべて良かったです。聞いたのは「ぼくのもの(YOU version)」「サムライソウル」「39」「プリプリベイビー」「かわいいひと2」「口ぐせ」「あふれだす」の7曲ですが、トータス松本さんがパーソナリティーでコメントしてました。 今回は全部ラブソングだそうです。はじめてテーマを考えて曲作りに挑んだそうで、色々な形のラブソングが12曲つまっていると仰ってました。特に、「かわいいひと2」「39」が光ってましたね。

ウルフルズ=大阪…もう,大阪サイコーってのを,絶対に忘れさせないバンドです。インディーズの頃から,大好きなので,もう,10年も経ったのか…と,感慨深いアルバムでした。これからもっと,コッテコテ大阪魂を発揮して欲しいです!!「大阪ストラット」みたいな曲,大好きです。

ウルフルズのアルバムをすべて(最新の9も含めて)制覇したものとしていえること、これからのことはわからないですが、現時点ではこのええねんが最高傑作だということです。 シングル曲がタイトルであるええねんだけというところもにくい!ウルフルズをあまり知らない人にとっては、ええねんしか知らないよって感じかもしれませんが、そんな人にもどんな人にもロックファンとしてお勧めできる一枚だと思います!

前半はノリのいい曲で構成され、曲と曲の間が短い。だから、今まで聴いていた曲の余韻に浸る間もなく次の曲の世界へと強制トリップさせられる。その効果で高いテンションを長く持続している。特に(1)の「バカサバイバー」から(2)の「ゼンシン・イン・ザ・ストリート」への流れの気持ちよさといったら!!! けど、そればかりじゃ疲れてしまう。陽気なテンションは後半の3曲に差し掛かると徐々に加速。曲間もここにくるとたっぷり取ってある。 ラストの「大丈夫」のあたたかさに大感動。最後まで聞くことによってウルフルズというバンドの大きさを改めて感じる。サイコーの構成!ウルフルズのいろんな面を体感できる一枚!

今まで、どのウルフルズのCDを聞いても、そこまでかっこいいとかすごいとか感じなかった自分が、このCDを聞いたときにこのバンド&トータス松本の声が最高だと感じた。この人たちはライブの人たちだ!!!とそのときに思った。このCDはライブでのウルフルズの顔を見せてくれます!!! そして、ウルフルズはライブになると、実力が何百倍にもなって、パワーいっぱい、ノリノリNO.を炸裂させるのです!ライブに行ってみたいと思うほど、いいですよ!!!聞けば聞くほどはまります。

ほんとに楽しくて一緒にA・A・Pってやりたくなっちゃいます(笑)ジョン・B・チョッパーも今までウルフルズやめてたなんて感じさせませんね!4人ともとってもかっこいい★☆★みたらウルフルズにますますはまってしまいました。副音声も面白い!ケーヤンとトータスの本音が聞けますよ(笑)これはみるしかないでしょ(*^□^*)
ウルフルズ…最近ようやく4人に戻ってくれた。ホント嬉しい。 こちらのDVDはまだ3人の頃のライブ。 とはいえ、ライブの良さには定評のあるウルフルズだけに、 とにかくスゴイ!カッコイイ!笑える!そして時にはセクシー! 元気のない人あなたにこそオススメだ。お約束なハチャメチャ登場シーンから、最後の切ないシーンまで、まるで魔法にかかったかのようにウルフルズに引き込まれてしまう。 そして、気づくといつのまにか元気をもらっている。 何回見ても、何回聞いても変わらない。 ウルフルズに感謝!

大勢で商店街を行進してるんですよ。最初から最後までそれだけ。で、顔は真剣なんだけどみんな股間に手をあてているという・・・(笑)。「借金大王」もヘンだな。最後の最後のトータスの得意気な笑顔がおかしい。これは何の笑顔だ???とつっこみたい。その笑顔の下に≪バカは聴け≫って文字が入るのが一本取られたようで悔しい。「大阪ストラット」はコテコテの大阪をみせつけられる。トータス仮装大会が見れるのもコレ。この曲の最後でも謎の笑みが出るし。トータスが歌うバックで他の3人がシュールなダンスを披露している曲も何曲かありますね。そのダンスのしょぼさもウルフルズらしくて笑えます。

ウルフルズのPVは毎度おもしろいんだが、このDVDの何が一番おもしろいかって、それぞれの作品について、その作品を見ながらのメンバー4人の解説がついているのがいい。撮影時の苦労話や、自画自賛コメント、1曲目の「いい女」と最後の「ええねん」にしか参加していないジョン・Bのほかの作品に対する部外者コメント、雑談テイスト溢れる、このコメンタリーは一聴の価値ありである。
ものすごくベタベタな部分や破天荒さを持ちながら、他の人が書けない、真似しようったって真似できない、そんな歌詞やメロディーを文字通り心で歌い上げることができるのがウルフルズだと思ってます。 このプロモ集はそういうことや、ウルフルズが3人だった頃はまた雰囲気が変わり、4人に戻ったらまた雰囲気が戻るなど、バンドとしての変遷も感じさせてくれます。 これからウルフルズがどう進化していくのか、楽しみになりました。

ウルフルズの笑いの原点が垣間見られる作品です。 ビデオクリップの間に入るミニシネマもウルフルズファンにはたまらなくいい具合です。関西丸出しで見ながら大笑いでした。 見ると元気が出るDVDですよ。 他のDVDもぜひ見たくなってしまいました。

トータス松本の熱い魂が込められています。リズムはなかなか独特ですが、決して難しい歌ではなくスッとメロディーが体の中に響いてきます。 魂揺さぶられたい人は本当に聞いたらいいとおもいます。彼は数少ない日本の本物のうた歌いであると確信しています。
トータスさんのラブバラードを聴く度思う…『ズルイぞ』って。 そんなにカッコよく、せつなく歌われたら惚れちまうじゃないか!(笑)。 心にじんわり広がって、時にはその優しい歌い方に泣けて来てしまったりする。ヘロヘロヘロって溶けてしまうのさ(笑)。
買ってよかったです! ウルフルズはパワフルではじけてる!アーティストだと思っていたので こんな切ない曲調も歌えるんだなぁ、と感動しました。 演奏も心地良く、余計なところがない、すっきりとしたアレンジが好印象でした。 奥田民生さんとのいい女DVDもとてもいいです。 これを見るとウルフルズのライブに絶対行きたくなるはず!
全曲どれをとってもウルフルズらしさに溢れていて 最高にカッコイイ、まさに名盤!発売から年月を経 た今でもヘビーローテーションで愛聴しています。 「ウルフルズ」=「ガッツだぜ!」や「バンザイ」 しか知らない人にぜひ聴いてもらいたいです。 R&Bやファンキーな曲のほかにも、ピュアで切ない くらいまっすぐなバラードなどウルフルズの良さを たっぷり堪能できますよ!
すごい! ウルフルズのヒット曲の数々がゴリゴリのハードテクノに!! ハードテクノ界の星コフュージョンのMr.Taniによるサウンドが秀逸!! とにかく今すぐに聞いた方がよいです。 メンバーもライブで絶賛していましたよ。
1999年に脱退したジョン・B・チョッパー。 彼を含むオリジナルメンバー最後のホールツアーとなったライブの模様を収めた作品。 …のはずでしたが、先頃ジョン・B・チョッパーもめでたく復活しましたね。 とはいえ、この作品はライブ映像としては初の公式発売でした。 とても見応えあります。 トータス松本の髪型も今からは考えられない爆発ヘアー。 仲良しのパパイヤ鈴木さんといい勝負です。 登場シーンから度肝を抜く演出です。 絶対損はしないと思いますので見て欲しい一本です。





Copyright (C) テラシーク. All Rights Reserved.
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク